« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月27日 (木)

本物とは・・・

こんにちは。

むつごろう畑も紅葉してきました。

当帰も、紅葉し始めたものから収穫し始めています。

Img_5249

Img_5251

Img_5267

Img_5270

掘りたての大深当帰は、鼻に、つ~んとした香りが漂い、とても気分がよくなります。良質なものほど香りが強いです。

魚やウナギ、山芋、松茸などもそうですが、養殖のものより天然もののほうが美味しく香りも強いかと思います。

薬草栽培も、限りなく天然に近づけることで、より良質なものが得られます。

より効くもの、効果が高いものを求めていきたいです。

皆さんも、頑張って煎じてください。

本物は手間暇がかかるものですよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

自然を観察・・・

こんにちは。

スピリチュアル系に興味のない方には、ごめんなさい。

19日の朝、畑仕事をしていたとき、無数の龍のような雲が富士山のほうへ向かって列をなしていました。

Img_5206

Img_5215

Img_5216

Img_5224

Img_5226

自分の真上でしたので、この数しか撮れませんでしたが、空一面に列をなしていました。

すじ雲のようなのは良く見かけるのですが、列をなして前に進んでいくような感じだったのであっけにとられていました。

そして3日後の22日の夜に、長野県で大きな地震がありました。偶然かもしれませんが、修善寺の畑から、富士山のほうへ向かった延長が長野県になります。

今後も、変わった雲が現れたら、ブログに載せていこうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

自然の食事の大切さ・・・

シャクヤク、順調に植えております。

Img_5248

Img_5246

Img_5245

今朝、今秋初のカブトムシの幼虫がでてきました。

Img_5237

木村秋則さんの影響で生薬の自然栽培を始めて、畑にカブトムシの幼虫がかなり増えてきました。自然栽培は、耕運機を使わず、雑草を抜かず、雑草が腐葉土になり、土が肥えます。幼虫の格好の餌になります。

子供のころ、山でカブトムシのサナギを10匹も20匹も捕まえ、家で孵(かえ)していましたが、みんな元気な成虫になっていました。

一度大人になったとき、カブトムシのオスとメスを捕まえ、飼っていました。餌は市販のカブトムシ用のゼリーです。交尾をして産卵し、幼虫、サナギになりました。その後成虫になったとき、足がなかったり、角が短かったり、奇形ばかりが生まれてきました。ホームセンターで買った腐葉土が悪いのか、餌のゼリーが悪かったのか分かりません。ただ、野生で拾ってきたサナギを孵して奇形になったことがないのに、人工的な餌では奇形になりました。それ以来カブトムシは捕まえても写真を撮るだけですぐに逃がしています。

現代人も、すぐに砂糖の入ったアイスやゼリー、チョコなどをすぐに食べていますが、赤ちゃんを作るのには良くないのでしょうね。

なるべく自然なものを食べましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

自然栽培当帰・・・

こんにちは。最近寒くなりましたね。

むつごろう畑にも、霜が降り、雑草が枯れ始めていますが、自然栽培で育てている当帰は、まだ一向に枯れる気配がありません。

Img_5232

当帰は、雑草に埋もれています。

Img_5230

Img_5234

Img_5229

Img_5231

身体を温める当帰は、寒さに強く、枯れた雑草が服代わりになって霜から守ってくれています。

収穫はまだ先ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

蒔けば目の出うものを・・・

こんにちは。

畑の落花生を収穫しています。

Img_5198

Img_5203

お客様に苗をもらってはじめて育てたのですが、こんなに大きくなるのもあるんですね。

Img_5204

根っこについている丸い粒々は、根粒菌というバクテリアで、空気中の窒素を大地に取り入れ、畑を肥やしてくれます。

良い生薬は、良い土から生まれます。

Img_5175

蒔けば芽の出る豆類は、赤ちゃんが育っていくための栄養をバランスよく持っていますので、おすすめです。

東洋医学では、一物全食といいますが、一つの生命をすべて食べることがバランスの良い食事だと考えます。肉食動物はまず内臓から食べて、そのあと肉を食べます。畑の動物たちも、果実の皮や種子などすべて食べているようです。

Photo

蒔けば芽の出るものを食べましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

自然の法則・・・

自然の法則・・・

畑に出ると、いつも決まっている法則があります。それは、すべての生物が、“子孫を残す”という目的に向かっていることです。

Photo

写真は、以前に当帰畑で見つけたキジの卵です。

もちろん、自然の植物や動物たちは、頭で考えて「子供を作ろう」とは思ってはいないでしょうね。自然のインスピレーションで行っているだけなのでしょう。自然には、そういうエネルギーが備わっています。

私も東京生活を7年ほど送ったことがありましたが、薬の研究や人生に挫折し、「人はなぜ生きているのか」ということを半分ノイローゼ気味に考えていたことがあります。しかし畑に出ると、生きる意味を考えるよりも、生きているという感覚を非常に受け取るようになりました。

理屈ではないんですね・・・生きることも赤ちゃんを授かることも・・・

まずは自然に出て、元気になりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

大和シャクヤクを植えていきます・・・

こんにちは。

これから、大和シャクヤクを約1000本ほど植えていく予定です。

Img_5171

Img_5169

Img_5167

まだ、こんなに細い根っこですが、6年後に収穫するときは、

Photo

Photo_2

こんな太さになります。

硬い大地に根っこを張り巡らすシャクヤクは、硬くなった現代人のお腹を根をはわすように柔らかくしていきます。畑の性質は服用しても変わらないんですね。これが漢方の面白いところです。ちなみにこのシャクヤクは、大和シャクヤクと言って、少しく酸味があって、薬用としては最高の品質のものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

神頼みのホントの意味を考える・・・

こんにちは。

下の写真は、昨年の9月に、自宅(修善寺)から撮った龍です。

20130903_002_3

20130919_001_2

真ん中に目と角が二つずつあります。

目の前の山の向こう側には、弘法大師空海が修業した滝、修禅寺奥ノ院や、子宝の神社善名寺、吉奈子宝温泉などもあります。

龍は、自然霊で、水の神様ともいわれています。この辺りは不思議な土地で、太平洋側で唯一、海側から内陸に向かって川が流れています。水の神様がいてもおかしくないですね。

都会の空では、高層ビルや排気ガスなどで、龍を見ることはできなくなっています。

神様お願いです、子供が授かりますようにと祈ることも大切でしょうが、その前に、神様が作った自然を取り戻し、神様の居心地の良い環境をととのえることのほうが大事な気がします。

欲を最小限にし、なるべく自然の中で、自然のものを食べ、自然な生活を送っていくことが、元気で健康な赤ちゃんを授かるうえでは大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »