« マイペースに・・・気持ち穏やかに・・・ | トップページ | シャクヤクの新芽・・・ »

2012年3月10日 (土)

3度の流産を乗り越えて・・・

流産防止の漢方薬というと、一般的には芎帰膠艾湯という子宮を温めて出血を止める漢方薬を使います。

でも中には例外的な場合があって、子宮の中に“瘀血(おけつ)”溜まって流産してしまう場合があります。

例えば、顔がのぼせたり、太りやすかったり、黒いシミができたり、便秘になりやすいとか、すぐにカッとなりやすいというような場合に、瘀血が溜まっている方があります。

こういう方の場合は、少し強い漢方薬を使って、子宮の中の瘀血を下してやります。coldsweats02

最近もこういう方があって、妊娠してはすぐに流産・死産してしまって駄目でしたが、桃核承気湯という強い薬を飲んでもらっていたら、無事に出産までこぎつけました。confident

もちろん、身体の弱いタイプの方が飲むと逆効果になってしまうので用心が必要ですが、漢方医学では、子宮の中の古血を下すようなことも可能なのです。

あきらめずに頑張りましょう。

20120308_003 薬局内で乾燥中のトウキ。happy01

|

« マイペースに・・・気持ち穏やかに・・・ | トップページ | シャクヤクの新芽・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99995/44441872

この記事へのトラックバック一覧です: 3度の流産を乗り越えて・・・:

« マイペースに・・・気持ち穏やかに・・・ | トップページ | シャクヤクの新芽・・・ »